Ballad Of Mott…R.I.P. Buffin

なんだかブログが訃報ばかりになってて、なるだけ書かないように、とは思ってたが…

Mott The Hoopleのドラマー、Dale Griffin(Buffinという愛称で知られる)が1月17日に息を引き取った。2009年の40周年記念再集結ライヴのときも、既に調子悪くて、予定されていたライヴにもほとんど出れず(確かアンコールだけとも)。58歳から発症したアルツハイマーとの闘病から9年、67歳で睡眠中に安らかに逝った。

モットのことは以前も何度か書いたし繰り返さないが、音楽を聴き始めた10代後半から後追いではあるけど、ほんとに良く聴いてきた。デヴィッド・ボウイもそうだけど、本当に大きな存在だった、僕の中では。
「他者と違っていてもいい、君は一人じゃない、君はそのまで美しいんだ」というボウイのテーゼは世界中のの「一人ぼっち」を救済した。これにはスケール的にも適いはしないが、「ロックンロールは敗者のゲーム、でも、どうして消すことが出来ようか…ぼくのこの心の中から…」という輝き続けることが出来ない者、退場していく者たちへの賛歌で、これの方によりロックンロールのロマンティシズムを感じてきた。こじつけめいた例えだけど、Kissというバンドの影のようにひっそり咲いたTwisted Sisterが出世作である「Stay Hungly」に収録されている”The Price”の中で歌ったのも、「敗者」に対する眼差しがある。

恐らく、ボウイのようには語られることもないだろうし、急に過去のカタログが注目を集めることもないだろう。
でも、ずっとずっと聴き続け、何かにつけ話題に出していきたい。

やはりこの曲。”Ballad Of The Mott The Hoople(March 26th 1972 Zurich)”
「Buffin lost his child-like dreams,Mick lost his guiatr and Vender grew a line or two,and Overend’s just a rock n roll star.」からの、くだりはいつ聴いても泣けてくるよ。

続いてはイアン・ハンターが脱退してナイジェル・ベンジャミンが参加し、バンド名も、Mottとした2枚目「Shouting and Pointing」から”Storm”

続いてナイジェルも脱退しジョン・フィドラ―がヴァーカルで、バンド名もBritish Lionsと変えた1978年の同名タイトルアルバムから貴重なライヴ映像。”Booster”

ついでにオベェレントと共にプロデュースしたHanoi Rocksの出世作「Back To Mystery City」からタイトル曲。

カテゴリー: BLOG | コメントをどうぞ

DJ Night Vol.6@椿

ハロウィンパーティーと年末に音忘と合同でやったのを除けば6回目の椿DJナイト。

ブログにも書いたけど参加型が思いの外上手くいったので今回からこの形式で。
思えばDJには演奏出来なくても音楽を共有出来るという「カラオケ性」があって、いやカラオケにある”歌う”という要素すら必要としない。言い方変えれば、他者の作った表現形態を借りるだけ、ではあるが、そこは曲順やミックスの仕方で風景が変わるという面白味がある。
という訳で、回したい人数にもよるけど、一人30分前後くらいで回して行こうかと思ってるので、音源持参者大歓迎です。

【日付】:2018年2月6日(土)

【場所】:kitchen mama 椿  大阪市天王寺区堀越町15-2 TEL.06-6771-7706

【料金】:女性2000円/男性2500円(飲み放題) フード400~

【時間】:19:00~23:00

カテゴリー: DJ, EVENT SCHEDULE | コメントをどうぞ

Bowie Covers

活動期間も長いし、とてもとても多方面に影響を与えた人なのでカヴァーされているのも多数。

そんな中で、ほんとに独断と偏見を元に、僕が好きなカヴァーを何曲か。昨夜twitterにも幾つか上げたけど、やはり一番好きなのはフルシアンテに変わりなし。

○Modern Love / John Fruciante
これは初めて聴いたのも、観た動画もオフィシャルとは言い難いもので、キチンとした録音物として流通していない(はず)。
なのでイレギュラーになるけど、このヴァージョンを初めて聴いた衝撃は未だに引きずってるであえて。

○Modern Love / Geva Alon
これまた「モダン・ラヴ」。初めて知ったときの曲なので、致し方なし。このヴァージョンもフルシアンテと同じ弾き語りなんだが、やはり歌心が上かな。先にこちらを聴いていたら、これが一番かもしれない。
ゲヴァ・アロンはThe Flyng Babysというバンドに居た、イスラエルのSSWで、これは2007年の2枚目のソロアルバム『The Wall Of Sound』に収録。

○Quicksand(wagon repeie) / Dinasou Jr
初めて聴いて思い入れあるのが「モダン・ラヴ」なら、最も好きな曲が”Quicksand”。バンドが最も勢いのあっだ時期に出した6曲無入りミニアルバム『The Wagon』から。イントロに同じアルバム『Hunky Dory』収録の”Andy Worhal”のギターフレーズから本編につながるアレンジで歌詞も変えて歌ってる。
このライナーノーツによると、ボウイがダイナソーJrを気に行って、プロデュースを申し出たところ「プロデュースが必要なのはあんたの方さ。俺たちしてやろうか」と答えたという。真偽のほどは判らないと断ってはいるが、Tin Machine始動前だとすると、実にありそうで興味深い。The Pixiesもお気に入りだったし。

○Under Pressure / Xiu Xiu feat.Michael Gira
サンフランシスコを拠点に活動するJamie Stuwartを中心としたXiu Xiuの2008年6枚目のアルバム収録。Swansのマイケル・ジラをボウイ役で呼んでのデュエット。ジェイミーはフレディーマーキュリー。曲者二人が関わっているのに、なんともストレートなカヴァーに却って愛を感じる。余談だけどXiu XiuがErasureの”Always”をカヴァーしたのもたまらなくいい。

○Ashes To Ashes / Tears For Fears
これまたド直球。ある意味コピーを目指したかのよう。
この手のカヴァーは、あまり好まないんだけど、これはもう抵抗出来ない何かを感じて、繰り返し聴いてしまう。
これは1992年にNMEの出したオムニバスCDからで。UKナンバー1になった曲を色んなミュージシャンがカヴァーするという3枚組より。

○Ziggy Stardust / Bauhaus
これまたヒネリのない。んだけど、これも自身が淡い時代に聴いて馴染んだだけに思いはある。1982年のシングルからでB面はBrian Enoの”Third Uncle”。ベスト盤などのCDで簡単に聴ける一曲。

○Let’s Dance / M.Ward
ジャズピアノなイントロから始まる、オリジナルとは景色が違ってみえるが、かえって本質を浮き出しにしてるかのような。アメリカはポートランドのSSW。アメリカーナというかゴシックというか。2003年の『Transfiguration of Vincent』収録。

○Diamond Dogs / Beck
2001年の映画『ムーラン・ルージュ』のサウンドトラックより。
ペックのボウイ好きは知られてるし、やっとのカヴァーかで、この曲。換骨奪胎の好例。工夫しながらも駄目にならず薬籠中の物に。

○Absolute Beginners / Carla Buruni
○Boys Keep Swinging / Duran Duran
2010年、7インチスプリットシングルより。イタリアのモデル兼SSW、フランス前大統領サルコジ夫人としても知られるカーラ・ブルー二による映画『アブソル―ト・ビギナーズ』挿入曲のカヴァーと、『Lodger』収録曲のデュラン・デュランによるカヴァー。
いきさつは知らないけど、なかなかいい組み合わせのシングル。今は入手困難で、CD化されてないのかな。ちょっと未調査だけど、聴き逃せない。

番外編。
○Under Pressure
カヴァーではないが・・1995年の『Outside』からのシングルカット、”Hello Spaceboy1996年に出たCDシングルに収録のライヴヴァージョン。
このアルバムのツアーから(2003年のReality Tourまで)参加したアメリカのベーシストでありヴォーカリト、Gail Ann Dorsyがフレディーパートを歌う。
実はこの曲ではこれが一番繰り返し聴いてる。

という訳で、いま現在の気分を乗せて綴ってみた。フルシアンテ以外は全て公式の音源を持っている物から選んだ。気になった方し入手し易いものから是非購入して欲しい。
僕は1983年、中学一年の頃に知って以来のリスナーで、当然僕より長く聴いている方々は、それほど星の数だけ居る。
何かを書いたり語ったりは僭越かと思いつつも、70年代初期に夢中になった人たちがベルリン時代に、んっ?ち思ったかもしれず、そんなベルリン時代に、これだっ!と思った人たちがEMIに移った80年代のスーパーヒットした時代に馴染めなかったり、そしてその後90年代以降、まだやってるんだ、とばかりに離れて行った人たちも居たりする中(あくまである仮定のストーリー)、神格化せずに聴けた、しかもまだ1983年から聴き始めることが出来たことは、ある意味幸せに様々な時代を楽しんで聴けたのではないかと想像してみたりはする。

もし、こんなブログを読んだ人の中で、いや!こんないいカヴァーあるよとうのがあれば是非教えてもらいたい。

この時代にまだ生きて感受出来ることを幸せに思う。

カテゴリー: BLOG | コメントをどうぞ

……David Bowie…..

前回のエントリーで『Blackstar』を取り上げ、昨日のDJの際も、新譜が、いかに素晴らしいかと語ったばかり・・・”Lazarus”のMV観たときから、痩せ方に嫌な予感を感じてはいたが・・・

困惑というか、打ちのめされているというか、動転しているというか・・こんなにも重力を感じてしまうものなのか・・

B面ラストの”I Can’t Give Everything Away”の出だし、「I know something’s very wrong そう何かがとても間違ってる」今はそんな感情が渦巻いてる。

僕にとって、ほんとうにほんとうにヒーローだった。 

カテゴリー: BLOG | コメントをどうぞ

届いたレコード Vol.1

今年は音楽ともっと向き合うべく、買ったレコードも小まめに記録。

先ずはあちこちで在庫切れで、関西でもあまりライヴしないため会場でも買えなかった一枚を新宿のユニオンから通販で入手。
Akira Sakata & Jim O’Rourke with Chikaramorachi & Merzbow / すっ飛び篭(2015)
坂田明(alr sax,voclal)、ジム・オルーク(guitar,harmonica,electonics)、ちからもちは、Chris Corsano(drums)とDarin Gray(double bass,percyssion)にメルツバウ(noise electonics)という凄まじいメンバーによるレコード2枚組LP。昨年10月24日、25日と二日間、赤坂の草月ホールで開催されたジム・オルークの『two sides to every story』にも出演した面々。それ以外でも何度も共演してきているし、このメンバーでのライヴも幾度か。坂田明 & ジム・オルーク with ちからもち名義でも2011年以来2枚目。
今作もたまらない作品。

続いてArt Into Lifeで購入、ここでしか今のところレコメンドしていない一枚。Konstrukt & Joe McPhee / If You Have Time(2015)
両者による共演盤『Babylon』以来二年連続でのリリース。
Evan Parkerや.Peter Brötzmann、Marshall Allen、William Parkerに坂田明とも共演盤を出しているコンストラクトトルコはイスタンブールのインプロ、ジャズ界隈でもメキメキ頭角を現しているカルテット。今作もとても良くて、ジョー・マクフィーともがっぷり四つで、以前からのメンバーかのように息の合った演奏、AB面合わせても40分くらいとコンパクト。今後もコンストラクトからは目が離せない。しかしジョー・マクフィーも75歳過ぎて元気やわ。

三枚目は昨日、自身の誕生日に合わせてのリリース、無事に8日中に届いたDavid Bowie / Blackstar(LP 2016)。
先行でリリースされていた10インチ、”"Sue (Or in a Season of Crime)”を聴いてずっと待ち続けた最新作。カウントの仕方にもよるけどTin Machineやカヴァー集なども含めてライヴ盤以外では2013年の『The Next Day』以来28作目。(間違ってたらごめんなさい)
プロデュースは前作に続いて盟友のTony Visconti。ストリングスのアレンジも。
他のメンバはフルート、サックスでDonny McCasiln、ギターでBen Monder、ピアノ、オルガン、キーボードでJason Lindnel、ドラムでMark Guiliana、ベースがTin Jefebve。前述の先行シングル”Su”で、LCD SoundsystemのJames Murphyがパーカッションで。
ジェイムスは前作から12インチで出た”Love Is Lost”で愛に溢れたリミックスをしていた延長での縁でしょう。ジェイムス以外は現在ニューヨークで活動するジャズミュージシャン。昨年来日したのに残念ながら行けなかった(折角大阪でもライヴがあったのに・・)、イスラエル出身のジャズベーシスト、現在最注目の一人、Avishai Cohenとも活動していたり、Brad Mehldauのバンドや、こちらも昨年来日したGretchen Parlatoの録音にも(ほとんどはKendrick Scottだけど)、こちらも現行のジャズを聴く上で外せないマーク・ジュリアナを起用するなど、ほんと枯れてない。一時ドラムンベースに接近したりと、時代の方に沿おうとした時期もあるけど、やっぱりボウイはボウイ。カメレオンマンであり、自身の作る音楽が「デヴィッド・ボウイ」というジャンルたるを69歳にして更に前進させている。涙が出るくらい素晴らしい作品。

カテゴリー: BLOG | コメントをどうぞ

Blood Orange / Sandra’s Smile

Dev HynesのソロユニットBlood Orange。2013年のアルバム「Cupid Deluxe」は、The Altavista Showでも一押しで紹介してて、その後、あり動きが見えないなと思ってたら、昨年10月に新曲のMVを公開してた。

フィジカルリリースは今年あるかな。新譜が楽しみ。

カテゴリー: BLOG | コメントをどうぞ

初大阪ユニオン

新年あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願いします。

ラジオで新年の挨拶しないのは実に8年ぶり、なのでこちらからご挨拶。

今年の初レコ屋は昨年大阪にも開店したディスク・ユニオンに初めて行ってきた。ちょうど沖縄から友人が帰阪していたのに合わせて2人で掘りに。

で、釣り果というと、Foeutus / Nail(LP) ¥617、Thin Lizzy / Killers Live(7′ EP) ¥514、E.Z.O / Here It Comes(7′ EP) ¥411、The Willard /Lightning Scarlet (7′ EP2枚組)、¥309、アンジー / ロックンローラー(7′ EP) ¥514、石塚俊明 / 赤い夜 (CD) ¥720、Eyvind Kang / The Yrlm Sessions (CD) ¥720、以上7点。
正月一割引きで、合計¥3427(税込み)也。

改めてフィータスの「Nail」の素晴らしさに小膝打つことしきり。シン・リジィの7インチがこんな値段で出してるのもユニオンならではか。「Are You Ready」と「Dear Miss Lonely Hears」が1980年でギターがスノーウィ―・ホワイト。「Bad Reputation」がブライアン・ロバートソンで1977年。
EZOは他店でもこんなものかな。ここでは日本語と英語、両方聴ける。プロデュースはジーン・シモンズで、フラットバッカーから改名してワールドマーケットを意識して活動してた時代の初シングル。現在も活動続けるザ・ウィラードはメジャーに移籍して勢いのあった時期。しかし7インチシングル2枚組ってEMIもよく出したもんだ。アンジーは「すべての若き糞溜野郎ども」がB面。バンド結成6.2周年記念特別謝恩(笑)シングル!と謳ってある。
アイヴィン・カンは初めて見かけたCD、2007年リリース。俊さんのCDはパーカッションソロで1999年。

品揃えはまだ微妙だけど、全体的に安いのは判る。これで大阪の他の中古レコ屋の値段と動向が活性化されることを望む。
.
.

カテゴリー: BLOG | コメントをどうぞ

12.31


.
.
.

.

.

今年最後にようやく預けてた物が還ってきた。

9月27日、Tomi Lebreroの大阪公演で、自身のライヴで大阪に来てたオオルタイチくんとウタモちゃんがお客でシェ・ドゥーヴルに来店。
この日のライヴはトミのソロのみでPAなし、生音でのライヴだったんだけど、前日の京都に続いて、ほんの少しだけど、この三人による場面もあり、ささやかなサプライズにもなった。

実はこの日のトミが演奏したギターは諸事情により、うちにあった古いモーリス。
ラストの”Cuando a Caballo”では、このギターでタイチくんが伴奏参加してくれた。

ニッチを始めてから、ファンという立場から後ろに下がりたい気持ちもあり、普段は写真やサインは控えるんだけど、流石にこの日に使ってもらったギターに三人のサインを貰った。

主催した側としては演者とお客とお店が喜んで貰えるのが一番なんだけど、この日は僕にも、それとは別にささやかなるご褒美が。

年明け以降も今年よく聴いた一押し紹介は続けていくけど、今年最後は来日に合わせて出たトミの初のライヴ盤を推しておきたい。
今年一年、ラジオが終わったりで、音楽と向き合う時間が減ったし、ライヴの企画も少なかったけど、椿でのDJも、次に繋がる光も射したし、来年以降も低空飛行ながら、音楽にまつわるなんやかんやで綴って行きたい。

皆さま、大変お世話になりました。良いお年をお迎え下さい。

NICHE 石田真也

カテゴリー: BLOG | コメントをどうぞ

Hieroglyphic Being & J.I.T.U. Ahn-Sahm-Buhl / We Are Not The First

驚きのマーシャル・アレンがまたもや登場。今年良く聴いた一枚シリーズ。

Hieroglyphic Being & J.I.T.U. Ahn-Sahm-Buhl / We Are Not The First。Hieroglyphic Being ことJamal Moss。
昨年もマーシャル・アレンを参加させていたHieroglyphic Beingが今作で本格的にSun Raへの愛を形にしたレコードとして制作。

シカゴハウスをベースに異形のダンスミュージックを作り続けるジャマールが、マーシャル・アレンだけでなく、Daniel Carter、Greg Fox、Shelley Hirsch、Shahzad Ismaily、Elliott Levin、Rafael Sanchez、 Ben Vidaといった即興~アヴァンなミュージシャンと共に作った作品。

ここからは音忘DJでも選曲出来た。

今後も要注目なHieroglyphic Being。

カテゴリー: BLOG | コメントをどうぞ

Caribou Vibration Ensemble

今年一押しの続き。 今回はCaribou Vibration Ensemble、の映像。
アルタヴィスタ・ショーで何度も紹介してきたDan Snithのソロ名義、Cribou。
普段はサイケ、フォークの要素も加味したエレクトロ、ダンスミュージック。

そんなカリブーのスペシャル編成でのライヴ演奏が2011年にイギリスとベルギーで行われて、そんな映像が今年オフィシャルで公開された。それを良く観てたんだけど、この年末にベルギー公演の一部をLPでリリース。大判のポスター付きで4000円超えと高かったんだが、お勧めの一枚。

メンバーは以下に。

Caribou Vibration Ensemble is:

Kyle Brenders – soprano saxophone
Colin Fisher – tenor saxophone
Ahmed Gallab – drum kit, electronic drum triggers
Kieran Hebden – electronics, synthesizer
James Holden – modular synthesizer
Rob Piilonen – flute
John Schmersal – vocals, bass guitar
Ryan Smith – electric guitar, synthesizer
Dan Snaith – vocals, synthesizer, electric guitar
Steve Ward – trombone
Brad Weber – drum kit

映像では、SUn Ra ArkestraのMArshall Allenも加わってのもので、イギリス、All Tomorrow’s Partiesでのライヴ。
しかしマーシャル・アレンって、今年でもう91歳なのに録音もライヴ活動もしてるのには驚き。

カテゴリー: BLOG | コメントをどうぞ