Jephté Guillaume / The Prayer (Priye-a)


.

Joe ClaussellのレーベルSpritual Life Musicからハイチ出身のJephte Guillaume、3枚目の12インチにして代表曲。
流麗なストリングス、フルートの音色、パーカッシブなビートに男女のコーラスがアコースティックギターと共に絡みながら深~く染み渡るハウス・クラシック。
何語かよく判らないけどハイチクレオールなのかな? この曲を聴くとオオルタイチを思い浮かべてしまう。
A1のvoaclもいいが、A2のInstrumental(コーラスは入る)ではよりギターがフィーチャーされてて気分や繋ぐ曲によってどちらももう何度も何度も回してきた。
盛り上がる時間帯でもチルアウトでも映えるし、やったことないけどビーチパーティーなんかでも合いそう。

Track List
A1 : The Prayer (Priye-a) (Vokal)
A2: The Prayer (Priye-a) (Instrumental)
B1: The Prayer (Priye-a) (Tet Kale Beats)
B2: The Prayer (Priye-a) (Akapele)
B3: The Prayer (Priye-a) (Jwif Ginen)
B4: The Prayer (Priye-a) (Haitian Preist)

カテゴリー: BLOG, DJ, レコードジャンキー | コメントをどうぞ

バンブルビー

今年こそはこちらを多く更新しよう!ということで(2019年レコードまとめもまだだけど…)
以前から書いてみたかったサウンドトラックもの、映画のサントラもそうだし映画の中で使われる音楽のなんやかんやのシリーズ。

第一回は2018年(日本公開は2019)のアメリカ映画『バンブルビー』。
『トランスフォーマー』のスピンオフ作品で1987年が舞台で時間軸では本編以前のエピソード。
マイケル・ベイが制作に回り監督を務めたのはトラヴィス・ナイト、彼はアニメーターで僕が観たことがあるのは『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
実は『トランスフォーマー』はシリーズどれもまともには観ていないのにどうして今作が気になって観たかというとこのブログのテーマでもある音楽が気になったから。
そう、ちらりと耳に挟んでいた「The Smithがかかるよ」という言葉を耳にしていたから。

主人公の登場時、目覚まし止める動作、ベッドの脇には『Unknown Pleasures』のジャケがちらり。手探りでヘッドフォンカセットのスウィッチを押して流れてくるのが”Bigmouth Strikes Again”でもちろんスミス! 続いてカメラは壁に移動するんだがそれもなかなかくすぐるアイテムだらけ。The Pretenders 『Get Close』(1986)の時のツフーパンフ! (多分) 。General PublicにViolent Femmesのファースト!!!
ベッドサイドのミニカーに何かのトロフィー(後に高飛び込みのものだと判る)と何かの部品(これも後に車のものだと判る)が映されていき主人公の嗜好経歴を描写して行く。
寝間着代わりのTシャツはElvis Costelloで歯磨きしながらマイク・ジョイスのドラムブレイクでエアドラム。ここまででも突っ込みどころ満載な出だし。

主人公の少女チャーリーは父の亡くなっていて、家には新しい父(いや母の新しい同居のボーイフレンドかも)が居て馴染めない(たげど弟は仲が良い)、母ともすれ違い。
高飛び込みも止めてロックと車いじりが好きでバイト生活。同級生たちはまぶしく青春を謳歌という生活の中でオートボッツのB-127と関わっていくという内容で流れる音楽はHoward Jones、Bon Jovi、Steve Winwood、A-Ha、Duram Duran、Tears For Fearsとまぁかかるかかる80′sヒットパレード。
カーチェイスではSammy Hagerの”I Can’t Drive 55″とベッタベタな選曲。
流石にサントラを買いたいとは思わないかねと観続けエンディング、別れの場面で流れるのがSimple Mindsの”Don’t You (Forget About Me)”と来て、小膝叩いてにっこり笑い、ああそうだったんだなと得心。
エンディングがシンプル・マインズの”Don’t You”。これってジョン・ヒューズ監督の『ブレックファスト・クラブ』へのオマージュなんだな。『ブレックファスト・クラブ』は1985年で『バンブルビー』は1987年の設定なのも。

スクールカーストな構造という意味で『スパイダーマン・ホームカミング』(大傑作!!)もそうだったけど今作ではシンプル・マインズを使うことでより判りやすく敬意を示してるんだろうなと。

そういや主演のヘイリー・スタインフェルド、んっ?と思いながら観てたけどコーエン兄弟の『トゥルー・グリット』のマティ役の女の子だったんやね。
2016年の『スウィート17モンスター』の時はピンときたんだけど今作ではゴスっぽいメイクもあって(この辺りも『ブレックファスト・クラブ』オマージュかな)最初判らなかった。ヘイリーには今後も期待大だな。

カテゴリー: BLOG, Sounftracks | コメントをどうぞ

UK NIGHT “still ill vol.1″



.

半年以上前かな不定期で遊ばさせてもらっている椿でのイベントでThe Smithの”Still Ill”を回してたらとても反応してくれたDJ仲間が居て、そこから発展してなんやかんやあってようやく今回”UK NIGHT”と名打ってさせてもらうことに。

以前からスミス好きの友人達と、集ってスミス聴く何やらをしたいなぁ、その時の集まりを”Still Illの会”にしようと話してたことを拡大解釈でUKロック(実際ロックだけでなくてもいいんだけど)のDJイベントとして、ちなんだフード類も出す形で。

僕はスミス~マンチェスターしばりで選曲予定。
今のところDJ四人だけど、椿では客も参加型でやってきたし音源持参しての1~2曲だけの飛び入りも歓迎。

【日付】:2020年2月15日(土) 

【場所】:kitchen mama 椿  大阪市天王寺区堀越町15-2 TEL.06-6771-7706

【料金】: 2000円(パブスタイルにちなんだフード+1ドリンク) 

【時間】:19:00 ~ 23:00

カテゴリー: DJ, EVENT SCHEDULE | コメントをどうぞ

Round One / I’m Your Brother


.

ベルリンのテクノシーンを語る上で欠かせないレコードショップ/レーベルのHard WaxのオーナーMark ErnestusがPalais SchaumburgのメンバーだったMoritz Von Ozwaldと組んだBasic Chanel。そこから派生したMain Streetレコードから出したディープハウスRoundシリーズ第一弾(1994)
Round Twoでも起用されるヴォーカリストAndy Caineをフィーチャーした一曲。
Isley Jasper Isleyの”Caravan Of Love”(1985)を元にしたもので個人的にもフロアで浴びたハウスミュ―ジックと言えばこれ!な曲の一つ。
サイドBはRon TrentとChez Damierによるリミックスでシカゴ(Ron)~デトロイト(Chez)~ベルリンと繋がるもの。
12インチで聴くのがベストではあるけどOne~FiveまでまとめたCDも出てる。

Track List
A 1 :I’m Your Brother (Club Version)
A 2:I’m Your Brother (Edit)
B : I’m Your Brother (Chicago’s Twisted Mix)

カテゴリー: BLOG, DJ, レコードジャンキー | コメントをどうぞ

Theivery Corporation / The Heart’s A Lonely Hunter

.

90年代半ばから活動しているワシントンのデュオ、2005年の『Cosmic Game』からカットされた12インチ。
David Byrneのヴォ―カルをフィーチャーした名曲。(2005)
計3ヴァージョン、どれも良くて家聴きから車中でも耳を捉えて離さない中、ここで推したいのは9分を超えるアフロハウスなLouie Vegaのリミックス。
ハウスミュージックというものを、長尺曲というもの知り尽くしたもので見事としてか言いようのない。
X-Press 2の”Lazy”といいDavid Byrneの声はダンスミュージックによく合う。

Track List
A: The Heart’s A Lonely Hunter Louie Vega Remix
B1: The Heart’s A Lonely Hunter Theivery Corporation Remix
B2: The Heart’s A Lonely Hunter Album Version

カテゴリー: BLOG, DJ, レコードジャンキー | コメントをどうぞ

Fuzz Against Junk / Born Under Punches


.

2019年のまとめや2010年代まとめもやってみたいと思いつつ自身の棚卸し整理も兼ねたレコード紹介を。
先ずはダンスミュージック、主にハウス、四つ打ちに特化してやっていくつもり。

初回はブリストルのサイケ、ダブ、ジャズ、フォークと越境するFuzz Agains Junkが1999年にロンドンのnuphonicから出した”Born Under Punches”.
Talkimg Headsのカヴァー。元曲だけでも充分なところよりフロア向けなヴァージョンに仕上げている。Harveyのリミックスとどちらももう何度回したか覚えてないくらい。

Track List
A: Born Under Punceds
B: Born Under Punches Harvey’s Punch Drunk mix

カテゴリー: BLOG, DJ, レコードジャンキー | コメントをどうぞ

2020

新年あけましておめでとうございます。

今年こそこちらを多めに。
音楽ももっとということで以前から考えていたThe Smithを起点にしたUKイベント”still ill”のVol.1を2月15日(土)に。
次回に詳しく書くとして、そんなこともあり年末年始はUKもの多く掘り返していた。

単独での大阪ライヴはもうないと諦めていたMarc Almond、New Orderがそれぞれ2月、3月に来る。
こじつけだけどそういう巡りみたいなのはあるんだろう。

殺伐として身の周りも世間でもあまりいい話のない年末年始。
相手あってのことはなかなかではあるし、何が良いのか悪いのか、何が間違ってて、何が起こっているのかも判らないけど、どう行くにせよ他者は置いといて変わるべきは自分自身でしかないのを改めて。

カテゴリー: BLOG | コメントをどうぞ

2019.映画

続いて年間総評。
今年は昨年の『ボヘミアン・ラプソディ』からの流れか音楽映画が多かったような一年だったかな。
年末から公開の『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』は年明けの楽しみにとっておくとして今年観たのは劇場だけでもスリッツのポートレイト作品、『ノーザン・ソウル』『グッド・ヴァイブレーションズ』『ロケットマン』『ビル・エヴァンス タイム・リメンバー』それに『ウィーアーリトルゾンビーズ』も。
ジョージ・マイケルへのラブレターともいえるポール・フェイグの『ラスト・クリスマス』もいれていいかな。
。劇場以外ではnetflixでモトリー・クルーの『The Dirt』やボブ・ディランの『ローリング・サンダーレヴュー』も。

昨年の『愛しのアイリーン』のようなもう誰が何を言おうが自分の中では不動の映画はなかった。
あえてなら、マット・ディロンの声の魅力の再確認にもなったラース・フォン・トリアーの『ハウス・ジャック・ビルト』。
賛否あれど(いや否の方が多いのかな)観たかったものをほとんど観られた『スター・ウォーズ・スカイウォーカーの夜明け』はSWシリーズはスピンオフ含めて別格扱いなのでこれも入れずで個人的10作品を以下に。

『ハウス・ジャック・ビルト』
『スパイダーマン:スパイダーヴァース』
『愛がなんだ』
『宮本から君へ』
『グッド・ヴァイブレーションズ』
『ゾンビランド:ダブルタップ』
『工作 黒金星と呼ばれた男』
『ラスト・クリスマス』
『バジュランギおじさんと小さな迷子』
『ジョーカー』

ノア・パームバックの『マリッジ・ストーリー』Netflixで観てしまったけど、まだ劇場でやってるから年明け時間合えばまた観たい。
これもNetflix制作の『アイリッシュマン』も素晴らしかった。
これからも小劇場によるネット配信新作の上映も増えていくといいなと感じた一年でもあった。
その他、印象的だったのは『ブラック・クランズマン』『マリッジ・ストーリー』『スカイウォーカーの夜明け』と今年はアダム・ドライバーの当たり年だったこと。
来年もジャームッシュの『ザ・デッド・ドント・ダイ』に『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』と来年公開のアダム・ドライバー出演作は楽しみ。

カテゴリー: BLOG, MOVIE | コメントをどうぞ

2019.映画鑑賞・下半期

結局投稿自体が半年ぶりになってしまい、それも「MOVIE」枠……
レコードも買ったし色々発見も多かったはずなのに….来年こそもっと音楽に向き合う!!として劇場鑑賞のまとめ。

7月 – スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム / ウィーアーリトルゾンビーズ / 工作 黒金星と呼ばれた男 / ずぶぬれて犬ころ / ビル・エヴァンス タイム・リメンバー
8月 – グッド・ヴァイブレーションズ / ロケットマン / ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
9月 – 永遠に僕のもの / 宮本から君へ
10月 – ジョーカー / 毒戦 BELIEVER
11月 – ジェミ二マン(3D In HF) / CLIMAX / アイリッシュマン
12月- ゾンビランド(吹替) / ラスト・クリスマス / スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(IMAX2D)

計18作品、休みらしい休みをほぼ取れなかった中なので観れた方かな。

カテゴリー: MOVIE | コメントをどうぞ

2019.映画鑑賞・上半期

まめに….と思いつつも、もう7月。
なかなかな中、取り敢えず今年上半期劇場で観た映画一覧。

1月–ザ・スリッツ・ヒア・トゥ・ビー・ハード/蜘蛛の巣を払う女/クリード 炎の宿敵/ミスター・ガラス(×2)
2月–バジュランギおじさんと小さな迷子/ノーザン・ソウル/ボヘミアン・ラプソディ(爆音応援上映)
3月–The Guilty/スパイダーマン・スパイダーバース(IMAX3D)/キャプテン・マーべル/ペパーミント・キャンディ
4月–ブラック・クランズマン/ザ・バニシング-消失-
5月–アベンジャーズ・エンドゲーム(MX4D吹替)/アベンジャーズ・エンドゲーム(IMAX3D)/アメリカン・アニマルズ/愛がなんだ
6月–ゴジラ キング・オブ・モンスターズ/ハウス・ジャック・ビルト/X-MEN ダーク・フェニックス

計19作、21回。劇場で観ておきたかったの何本も逃してしまった。期待しててイマイチなのも逆なのもあり。ここ数年余程でないと予告編すら確認せずに観に行くことが多くなってたけど、今年もそれは変わらず。
また詳しくは年末か年明けに書く予定だけど、現時点でより強く印象に残ってるのは「ノーザン・ソウル」「スパイダーバース」「愛がなんだ」「ハウス・ジャック・ビルト」かな。
観続けてたシリーズ物の完結が多い今年、年末にはスター・ウォーズもある。今月も来月からも観たいの多いし日本映画もそうである中、気にはなる作品もあるけど相変わらず日本のアニメやピクサー系は、どうしても絵に入っていけそうにないのが多くて偏見を捨てきれずにいるけど(スパイダーバースが良かっただけになるだけ払拭したくはある)間に合えば(7月11日終了予定)海獣の子供は観ておきたい。

劇場以外ではモトリー・クルーの映画「The Dirt」やディランの「ローリング・サンダー・レヴュー」。ソン・ガンホ「麻薬王」などをやっと入ったNetflixのオリジナル作品も。

7月以降で観に行きたいのはCold War あの歌、2つの心/キュクロブス/凪待ち/ずぶぬれて犬ころ/ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドなど
気になってるのは何本が撮られてるソル・ギョングの新作が今年公開してくれるか? とかポン・ジュノの「パラサイト」これはも来年かな。ジャームッシュの「The Dead Don’t Die」も来年だな。

「MOVIE」のカテゴリーでは年末か年明けということで。
次回上半期買ったうちに印象に残ったレコード編をなるだけ早く…

カテゴリー: MOVIE | コメントをどうぞ